お知らせ

毎月勤労統計調査

2019.01.22|お知らせ

厚生労働省が「毎月勤労統計調査」を不適切な手法で行っていた問題で、雇用保険、労災保険等や事業主向けの雇用調整助成金の具体的な追加給付に関する措置を公表しました。追加給付の対象として

1.雇用保険関係

「基本手当」「再就職手当」「高年齢雇用継続給付」「育児休業給付」などの雇用保険給付を平成16年8月以降に受給された方で、追加給付額は一受給期間を通じて一人当たり平均1,400円、延べ1900万人

2.労災保険関係

「傷病(補償)年金」「障害(補償)年金」「遺族(補償)年金」「休業(補償)給付」などの労災保険給付や特別支給金等を平成16年8月以降に受給された方で、追加給付額は、年金給付に関しては、一人当たり平均約9万円、延べ約27万人で、休業補償は一人一月当たり平均約300円、延べ約45万人となっています。

今後も変更の可能性があるので、対象の可能性のある方は注視した方が良いと思います。

2019.01.22|お知らせ